DVDプレイヤーとテレビを接続。そこにキャプチャボードを接続すると…

みなさんのテレビはHDDが一体型になってるタイプでしょうか??

HDD一体型のテレビだとテレビ番組の録画もできるし、レコーダーとしてDVDやBDディスクの再生もテレビのドライブに入れることで再生できるようになります。

connect-pc-to-tv
一体型ではないと別途DVD再生用またはテレビ番組録画用のレコーダー、DVDプレイヤーが必要になります。

その際、レコーダーやDVDプレイヤーをテレビとケーブルで接続するわけですが…ここにキャプチャボードを接続することでDVD映像を保存できる方法があります。今日はこの方法について話していきます。

DVD映像を保存する方法としてのキャプチャボード

EzCAP HD ブログ素材通常、テレビをモニターとしてDVDプレイヤーの映像を見るためにはDVDプレイヤーの主力端子からHDMIやアナログケーブルでテレビに映像・音声を出力しなくてはいけません。ゲーム機などもそうですね。

キャプチャボードとは映像録画機器のことを指し、ゲーム実況の録画用の機器として人気になっています。キャプチャボードの使い方は映像再生機器とキャプチャボードをケーブルで接続し、映像再生機器から出力された映像をキャプチャボードが録画するという形で映像録画を行っています。

このキャプチャボードをDVDプレイヤーと接続することにより、DVDの映像を保存することができるというわけです。

DVDコピーというと2012年の著作権法改正により、リッピングソフト(DVDをコピーできるソフト)の使用は違法になっています。しかし、このキャプチャボードでの録画方法はDVDのコピーガードに抵触することなく映像を録画できるので近年のDVDコピーではキャプチャボードを使うやり方が脚光を浴びているようです。

DVDプレイヤーとキャプチャボードを接続。そしてキャプチャボードとテレビを接続することでDVDを再生しながら録画保存できるので、リッピングソフトのように操作も難しくありません。

キャプチャボードでも規制があるので注意

hdmiしかし、このキャプチャボードの映像録画でも規制があるので注意が必要です。でないと知らない間に違法行為をしてるなんてことになってしまいます。

キャプチャボードでの録画で注意したいのがHDMIでの接続です。HDMIは地デジ以降後に標準搭載された端子のことで映像と音声が一緒になってる便利な端子なのですが、このHDMIの映像出力にはHDCPというプロテクトが搭載されています。ですのでキャプチャボードではHDMIでの録画ができない場合があるんですね。当然、このプロテクトを解除してしまうと違法行為になりますのでやってはいけません。

アナログ接続ならプロテクトもないので安全

P1380556しかし、アナログケーブルでの接続であればHDCPなどのプロテクトはかかりませんので、DVD映像の録画が可能です。ただし、コンポジット接続(黄色)だと映像の劣化がけっこうあるので、コンポーネント接続(青・緑・赤)をおすすめします。

しかもコンポーネント端子は解像度1080に対応しているという特徴があります。コンポジットだと480までしか対応していないのでこの差は大きいですね。

ただ、問題はこのコンポーネント端子が搭載されているDVDプレイヤーやレコーダーが少ないのとキャプチャボードも少ないこと。もし、お使いのDVDプレイヤーがコンポーネント端子搭載型であればキャプチャボードでの録画をおすすめします。
>>>コンポーネント端子搭載型キャプチャボード EzCAP HD

まとめ

今回はテレビでDVDを見る人に役立つ情報をお伝えさせていただきました。DVDコピーはすべてが違法行為というわけではありません。しっかりとした情報を知って、安全に映像録画を行えば、もっと便利に映像を楽しむことができるわけです。

SNSでもご購読できます。